飼い主の皆さんのココロとカラダの健康に日光浴を♪♪

太陽(日光)に当たることが非常にカラダにも、ココロにも、
健康を維持する上で大切にということが解ってきています。

例えば、日光浴をするとビタミンDが作られます。
ビタミンDは骨を丈夫にするという効果があるというのは、
有名なお話ですよね。

また、太陽光線は可視光線だけではなく、赤外線や紫外線も 含まれています。

●赤外線は体の内部まで温める
●紫外線は殺菌作用がある

という効果もありますね。

紫外線は、悪いイメージを持たれがちですが、 肯定的な面もあることも是非知ってください。

他にも、

●日光に当たると体に起こるいろいろな効果

☆記憶力が維持

日光浴を一日15分行うことによって、 痴呆症が回復したという事例もあるそうです。
日光浴によって、体内でビタミンDが作られることが関係しているそうです。
食物から摂取するのが難しい、ビタミンCなどの水溶性ビタミンと違って、
ビタミンDは貯蓄ができるそうです。
だから、夏場の太陽光を十分に浴びておくと、 冬場太陽光が弱いときに、カラダの強さを
支えるビタミンDが豊富な人は、不足している人と比べて、 認知機能障害のリスクが
軽減するそうです。

☆病気のリスク軽減

日射量が少ない地域ほど、大腸ガンや胃ガンなどの 消化器系ガンで死亡する人が多い。
ガン患者、糖尿病、アトピーなど病気の方々の体温は、 35度近辺の低体温だそうです。
健康な人は36度以上あるそうです。
日光に当たるというのは、体温を上げるという意味でも重要です。
犬も、最近、皮膚病の子が増えてきています。しっかりとお外に出してあげて、
日光に与えてあげるのも大切かもしれませんね。

☆うつ病の改善や精神的安定作用

脳内物質のセロトニンは、人に穏やかな感情を 与える作用があり、
このセロトニンは、太陽の光を 直接浴びる事によって分泌量が増えるそうです。
ストレスが溜まって、問題行動を起こしてしまう子や臆病な子にも効果が
あるかもしれません。

☆一日にどのくらい浴びればいいの?

週に3日、1日に約15分間、日光にあたると効果が 得られるそうです。
日差しが強い場合は日焼け止めしない状態で、 肌の3~4割を日光に
さらせば十分だということです。

日光は、ココロやカラダを健康にしてくれる、様々な効果が解ってきているそうですね。

それにしても、日光浴とはよく言ったものですね。

昔から、入浴がココロにも、カラダにも、 健康に欠かせないものであることは知られてきました。

もしかすると、太陽光線を浴びることが同じようにココロやカラダの健康を維持するということを
知らず知らずのうちに実践してきて、日光を浴する=日光浴 という言葉が生まれたのかもしれませんね。

他にも、太陽光線を浴びることで、体内時計を調整する働きが あることも解ってきていますね。

日光浴は全くお金がいりません。まさに自然がもたらしてくれる、 無料の健康法ですね。

せっかく自然が与えてくれている贈り物を利用しない手はないですよね。

決して、これがすべてではありませんが、 これで健康を維持できるのであれば、
毎日太陽光線を 浴びるのは大切なことかもしれませんね。

一日わずかな時間、太陽光線を浴びる。

皆さんは、毎日、日光浴をされていますか?。

だんだんと暖かくなってきた季節、 飼い主の皆さんと愛犬のココロとカラダの健康に、
ぜひお外に出る機会を作ってみてはいかがでしょうか♪♪

健康だけでなく、愛犬との距離も近くなるかもしれませんよ!!

ルブリカントでも、愛犬と楽しめるイベントを開催していく予定です!!
ぜひお楽しみにしていてください♪♪
また、こんなイベントがあったら良いな!ということがありましたら、
ぜひご連絡下さい!!