犬の専門家も警鐘、そろそろ愛犬の熱中症対策を始めましょう!!

今年も、だんだんと暑さを増してくる季節となって来ましたね。

飼い主の皆さんからも、≪熱中症対策≫というお問い合わせやご相談の声が
増えてきております。
常日頃、当チームにて担当させて頂いている飼い主さんと愛犬には、
今年も、既に、早めの対策方法や注意点などをお伝えしております。

その一部をご紹介すると…

人間も気候に対応するカラダ作りには1ヶ月~2ヶ月掛かると言われます。
そして、犬にとっても同じくカラダを作る期間は大切です。
合わせて、熱中症に向けた予防を知ることも大事なことです。
これも、快適な環境作りもプロドッグトレーナー沼井俊人の“しつけ”の一環となります。

【動物も熱中症になります】

熱中症(熱射病、日射病)は、蒸し暑い室内や車内での留守番、
暑さが厳しいなかでの散歩やお出かけなどが原因で発生します。
急激な体温の上昇により、あえぎ呼吸(パンティング)、よだれ(流涎)、
といった症状が現れ、ひどい場合には呼吸困難や吐血、血便などを起こし、
場合によっては、命に関わることもあります。
ほとんど汗をかかない犬は、狭い室内や車内に閉じこめられたり、
水分制限されたりといった環境では体温調節が難しく、
熱中症になりやすい傾向があり、夏は特に気をつけたい病気です。

【熱中症を引き起こす要因】

■蒸し暑い日に車内で留守番させる
■閉め切った室内で留守番させる
■蒸し暑い日に、屋外で過ごす
■蒸し暑い日や時間帯に散歩に連れ出す

【環境を整えましょう】

“温度・湿度のバランス管理”がペットが室内で暮らす上でとても大切になります。
特に犬は、人間のように全身に汗をかく機能が発達して いない事もあり、
人間よりも熱中症になりやすい動物です。
夏場は、温度設定だけでなく湿度コントロールも大切になり、 品種改良により
作られた鼻の短い犬種、例えばフレンチブルドッグや シーズ、ボストンテリアなどは、
呼吸効率が良くないため、 特に暑さに弱いです。
品種や、症状、個体差で適切な温度、湿度は変化します。
そのうえで、一概には言えませんが、あくまで一般的に、
夏は温度:25-28℃/湿度:50-60%くらい、冬は、温度:20~23度くらい
が目安になります。 適切な温度・湿度管理を行う事で、ペットの生活をより過ごしやすく、
することができます。

【特に熱中症になり易い犬種】

■短頭種の犬・・・シーズー、ペキニーズ、パグ、ブルドッグ、ボストン・テリア、ボクサー
■北方が原産の犬・・・シベリアン・ハスキーやサモエドなど
■太っている犬
■子犬や老犬
■心臓や呼吸器が弱い犬

【応急処置】

●意識がある場合…
一刻も早く体を冷やし、水分補給することが大切です。
涼しい場所に移動させ、水が飲める状態であれば、水をたくさん飲ませて
水分補給を行います。
そして、冷水で濡らしたタオルを体(特に頭やわきの下、内股のつけね)にかけたり、
風呂場や流し台で体全体に冷水をかけるなどして、急いで体温を下げることが大切です。
ただ、体温は下げずぎないようにすることも大切です。こまめに体温測定をしましょう!
ある程度体温が下がったら、なるべく早く病院に連れて行き、獣医師を受診しましょう。

●意識がない場合…
冷水を体全体にかけるなどして急いで体温を下げる処置を行いながら、
動物病院と連絡を取り、一刻も早く動物病院に連れて行きましょう。
意識がないことに慌てて、応急処置を何もせずに病院へ向かえば、
途中で症状が悪化しかねません。
まずは体を冷やしてあげることを忘れないようしてください。

体温を下がった…
症状が落ち着いたからといっても、油断は禁物です。
見た目は平常に戻っていても、体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性があります。
必ず動物病院で診察を受けるようにしましょう。

人とペットが同じ室内で共に快適に暮らすためには、 動物とその周囲の室内環境を
絶えず意識
しておくことが大切です。
ペットは自分で室内環境を作ることができません。
そのために、飼い主さんが適切な室内環境に気を配ることで、「ペットの健康」への
リスクを
軽減してあげます。

【予防】

●早めのカラダ作りと日々のケア←オススメ!!
■過度な冷温環境は暑さに弱くし過ぎるために適度に暑さに慣れるような運動
■冷たいお水ばかり摂取し過ぎて内部を冷やしすぎず適温を保つための食事
血流や体流や気の流れを良くして保つためのドッグマッサージやペットの鍼灸
などで、ココロとカラダを整えておく。

●家の中で留守番させる場合
室内の風通しに気をつけるほか、留守中はカーテンを閉めて、
必要であればエアコンをつけるなどして、室温が上昇しないように注意しましょう。
ケージの中に入れていく場合は、置き場所に気をつけましょう。
窓際はエアコンを入れていても温度は高くなります。
エアコンの向かいは、直接あたって冷え過ぎとなります。
また、エアコンの故障などの万が一に備えて、クールマットや氷水を入れたペットボトルなど、
を部屋に置いておくと安心です。
また、充分な水分補給ができるよう、飲み水の量や入れ物の置き場に注意しましょう。

●車で出かける場合
愛犬と車で出かけた場合は、車内にひとりで留守番させないように注意しましょう。
また、水分補給も忘れないようにしてください。

●屋外で過ごす場合
炎天下での激しい運動は控えましょう。
日中、屋外に連れ出すときは、水に濡らせる犬用シャツなどのクールグッズも効果的です。
外飼いの犬は、ハウスに日除けを設置して直射日光を防いだり、リードで繋留する場合は、
日陰の涼しい場所を選んであげましょう。  また、水分補給も忘れないようにしてください。

●散歩に連れ出す場合
日中の散歩は控え、早朝か夜の散歩にしましょう。
また、なるべく草や土の上を歩かせるようにして、普段より散歩の時間を短くしてあげる、
ことも大切です。

ペットは、人と共に暮らし、人と共に生きる大切なパートナー。
人より早く(およそ5倍ほどと言われます)年齢を経ていく存在でもあるため、
その時々の健康状態に応じた環境作りは大切です。
特にここ数年の大きく変化を続ける気候環境の中で、室内で共に暮らすペットに
配慮した
“環境作り”は大切であり必要不可欠になってきています。

その子その子に合った過ごし方もありますので、今回書いたことが全てではありません。
みなさんの愛犬にとってベストな夏の過ごし方をお知りになりたい方は、是非お気軽に
お問い合わせください。

楽しい夏を過ごせますように。

犬のこと、ペットのことに関しては、お気軽に当チームの専門家に相談してください。

『ドッグライフスタイリストチーム ルブリカント』

~ドッグライフスタイリスト/プロドッグトレーナー、

TOSHI(沼井 俊人)プロデュース犬の専門家による愛犬のココロとカラダの
バランスサポートチーム~

【活動内容】

犬のしつけ、ドッグマッサージ、犬ごはん、

犬のヘルスケア/介護、ペットの鍼灸、ペットのスリング、

犬に関する店舗/スタジオプロデュース・運営、

犬イベントプロデュース・運営、

犬グッズプロデュース・販売

保護犬譲渡活動及び支援、

殺処分ゼロ活動及び支援

【理念】

愛犬と飼い主さんはココロもカラダも繋がっています。

だからこそ、人も、犬も、共に、より良く暮らしていけるように、

ココロとカラダをサポートします。

●ホームページ : http://doglifestylist.com/
    キラキラ矢印 お気軽にご訪問ください。

●お問い合わせ : info@doglifestylist.com
    キラキラ矢印 お気軽にメッセージ,メールにてお問合せください。

●facebook : https://www.facebook.com/doglifestylistteamlubricant
    キラキラ矢印 facebookやってますチョキ様々な情報を発信しています!!
     お気軽にフォローしてくださいグッド!

Twitter : https://twitter.com/Lubricant_Staff
    キラキラ矢印 Twitterやっていますチョキ様々な情報を発信しています!!
     お気軽にフォローしてくださいグッド!